マッチングアプリで巨乳キャバ嬢とH!ワンナイトラブの体験談!

マッチングアプリで、
セフレ探しをしているタクヤです!

今日は、マッチングアプリを使って、
キャバ嬢とHをするという、
ワンナイトラブの体験談をまとめてみました。

やっぱり巨乳は最高ですぜ!笑
今回も美味しい想いをしちゃいました!

マッチングアプリで「プーな彼女」とコンタクト!

いつも遊びには
性力的(精力的とも言いますw)なタクヤです!

僕が「マッチングアプリ」を使う時は、
大見出しに自分のメッセージを書いておいて
女性からのレスを待つのが基本なんですよ。

なぜかと言うと、
返信が“本気モード”なのが多いから、
モノグサな僕にはピッタリだからです。

現実問題として、
10通のメールが来たら“儲けモノ”ですし。
これ位だと、「誰にしようかな?」なんて、
頭を悩ませる事もないのです。

ですが今回は、女性側のメッセージに
メールを出した時のお話しを紹介してみます。

いつもいつも待っているだけでは能がないし、
「たまには目先を変えてみよう」という感じでした。

「仕事を辞めて、次の仕事が見つかるまではヒマしてま~す」
と書いていた洋子サン(仮名・23歳・求職中)に、
狙いを絞ったのでした。

マッチングアプリで「キャバ嬢」と出会う!?

洋子サンは短大卒業後に就職した会社を、
ついこの前に辞職したと書いてきました。

仕事は物流関係の事務職でしたが、
忙しくなると梱包を手伝ったり、
荷下ろしの補助に駆り出されるのがイヤだったみたいでした。

今はハローワークと求人のサイトで、
次の仕事を探しているんだとか。
生活の方は、失業保険とキャバ嬢のバイトで食いつないでいる、
と言っていました。

なぜ彼女は僕のメールにレスしてくれたかといえば、
こんな理由です。

要は、メールをくれた人の数が少なかったから、
その分僕に連絡がくる可能性が上がったというわけです 笑

「マッチングアプリ」を使ってる友達に相談したところ、
「せめてフリーターとか派遣って書いておかなきゃダメだよ」と、
アドバイス・ダメ出しをされたそうです。

その友人さん、ナイスアドバイス!その通りです 笑

そして将来性のお話に。

現在、彼女には真剣交際している相手はいないそうですが、
「ゆくゆくは、フツーに結婚して主婦になりたい」という、
希望を持っているのでした。

洋子さん
マイナンバー・カードの導入で、
OLしながらの“夜のバイト”が、
やりにくくなってきたんだ。
タクヤ
なるほどねぇ。ところで、
昼間の仕事を辞めたって知られると、
同伴だとかアフターに誘われて大変でしょう?
そういうのが好きならば問題ナシだけど…。
洋子さん
う~ん、その辺は微妙かな。
美味しいものをゴチしてくれるのは、ありがたいけどね。
そういう人達は、決まって“あっさりとしたモノ”を好むんで、
たまには、お肉もたべたいゾっと(笑)

さすが、彼女はキャバに勤めているだけあって、
打てば響くというかノリが良くて、僕は好感が持てました!
そんな感じのLINEが続いて・・・

洋子さん
私も同じだよ〜。タクヤが結婚してなければ、
正式に立候補するのにな〜。

と、洋子サンも満更でもないようです。

こうなると、誘ったもん勝ちです。
「マッチングアプリ」での反響がイマイチだったとはいえ、
僕とだけLINEしているとは限らないのですから。

タクヤ
牛丼でも豚バラ炒めでも、
何でも奢ってあげるからデートしようか?
洋子さん
“安上がりな女”ヨーコ、それでOKです!(爆)

↑実際はこんなセリフは言っていません 笑

何はともあれ、
こうして会う事になったのでした。

マッチングアプリで出会ったキャバ嬢は巨乳ちゃん!

こうして秋葉原(東京都)で、
午後6時に待ち合わせた二人は、
僕のリードで居酒屋「養老乃瀧」へ行きました。

洋子サンは中肉中背ですが、
脱いだら大きそうなオッパイを無理矢理ブラジャーで
押さえつけている“隠れ巨乳”とみました。

おまけに、グリーンと白の幾何学模様をデザインした
パンツの太モモがパツンパツンでボリューミーです。

パンティラインが筋になって見えているので、
Tバックではなさそうでした。でも、
そのラインが妙にソソって来ます。僕の好みに、ドンピシャです。

今回は写真がないので芸能人で例えさせていただきますが、
お顔の方は、女芸人の「姫神インター」の誠子を
綺麗にしたような感じです。

一応言っておきますと、
決して誠子が、汚いというわけでありませんw

そもそも、
『姫神インターの誠子って誰やねん!』
という場合は、こちらの画像参照。

彼女の容姿は、
フツーで言うと「ナシ寄りのアリ」レベルかも知れませんが、
「マッチングアプリ」全般で言えば、
気さくな性格も含めて「アリ寄りのアリ」だと思いました。

このブログではめちゃくちゃ可愛い子たちと
Hした話を沢山していますが、
全員が全員可愛い子たちではありませんからね 笑

さてさて、その店で僕は、約束通りに“サイコロステーキ”や、
特注で超大盛りにしてもらった“煮込み”等をオーダーしました。

洋子さん
ホント、安上がりなオンナだよねぇ私 笑
でも、タクヤ君は約束を守って
ちゃんと来てくれたから“良し”としてあげよう!

と洋子さんは、酔って益々饒舌になったようでした。
マッチングアプリって、
男性側のドタキャンも意外と多いんですよね。

それらを肴に飲み、かつ食しながら僕は、
ひたすら洋子サンの愚痴を聞いてあげました。

店を出てからは、またしても僕のリードで予約しておいた
「ワシントンホテル」にインです。

ビジネスホテルの方が泊まった時に、
自然とチェック・アウトできるから、
意外といいんですよ。

妻には
「終電がなくなったら泊まってくる」と言っておいたので、
ノー・プロブレムでございます!

ブログ書いてて思いますが、
本当クズ野郎だと思いますわ自分。

マッチングアプリで出会った巨乳キャバ嬢とH!

ダブルの部屋に足を踏み入れての洋子サンの第一声は、

洋子さん
なんか、
旅行してるみたいで新鮮!

でした。

タクヤ
そんなに、いつもいつもラブホばかりなの?
洋子さん
例えですよ!笑

ビジネスホテルなので、
部屋のバスタブは小さくて一人でも湯に浸かるのは困難なのに、
彼女は「シャワーだけでもいいから、二人で入ろうよ」と積極的です。

裸になった洋子サンは予想を裏切らないほどの巨乳でしたが、
若くて出産経験がないので全く垂れていませんでした。

そのオッパイを後ろから鷲掴みにした僕は、
彼女の首筋を舐めながら早くも立ちバックで1発めをキめました。

当然、彼女も

洋子さん
うぅっ、うぅっ、イっちゃうよ

と囁きながら、
デルタ恥帯から熱いマグマを「ぴゅっ」と噴出させています。

そのまま体を軽く吹いただけで、
ベッドに移った二人はすぐに2回戦に突入しました。

彼女の陰毛は密度が濃く、
なおかつ1本1本が太い“剛毛”でした。

そのラブジュースまみれの剛毛を、
僕のモモに擦りつけて“ジョリジョリ”やられていると、
すかさず僕の愚息も息を吹き返して、
「ソリチュード状態」に復活を遂げました。

そのチ○コを見て、
彼女も俄然ヤル気が沸いてきたのか分かります。

測位→騎乗位と、
自分から僕の体をいいように動かしては、

洋子さん
あぁぁ~、気持ちイイわぁ~、ワタシのマ○コが感じてるぅ~。

と、フルローリングさせています。

Hの行為・積極性も「マッチングアプリ」では、「アリのアリ」でした。

こうして二人は同時に2回目の大波にさらわれて、
僕は精液を、彼女は潮を吹き出して果てたのでした。

タクヤ
オレは泊まっていくけど、そっちはどうする?
洋子さん
一緒にいてイイなら、朝までいるよ!

洋子さんが就職先が決まったら、
オーソドックスなデートをする事を約束させられて、
僕達は眠りについたのでした。

今回使用した金額とマッチングアプリはこちら!

マッチングアプリで
彼女に会うまでに使用した金額は約1,500円。
食事代約4,500円(おごり)。
ホテル代約8,500円(おごり)。
合計14,500円です。

今回はおごりが多かった分、
いつもよりも高めの値段となりました。

普段の「マッチングアプリ」のやり方と違い、
今回は自分から攻めてみましたからね。

普段なら敬遠気味の「求職中」にも関わらずに
押して行ったのが良かったですね。

意表をついてラブホではなくて、
ビジネスホテルというのも珍しくて良かったのかも!?
“奇をてらう”のも、たまにはいいかもしれませんね!

今回使用したマッチングアプリは『PCMAX』!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

セフレ探しや割り切りが目的であれば、
『PCMAX』を使っておけばまず間違いありません。

マッチングアプリは色々と使ってきましたが、
PCMAXは全体的に若くて可愛い子が多い印象です。

若くて可愛い子とのセックスを楽しみたい!
という方はぜひ登録してみてくださいね^ ^

⇒ PCMAXの女の子を無料で見てみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする