マッチングアプリの女性を文系男子で誘ってみた!【体験談後編】

マッチングアプリ(出会い系アプリ)や
出会い系サイトの利用歴は7年以上!

現在マッチングアプリで、
セフレ探しを楽しんでいる
既婚者遊び人のタクヤで〜す。

前回、ちょっとした遊び心で、
マッチングアプリの女性陣を、
文系男子のフリをして誘ってみた!
という企画に関する記事を書きました。

今回は後編ということで、
体験談をまとめていきます。
果たして…どんな結末を迎えるのか!?

マッチングアプリの女性を文系男子で誘ってみた!前回のあらすじ!

今回は、「文系男子」で迫っている“知的な遊び人”タクヤです。
そんなこんなで、「マッチングアプリ」をとっかかりに、
素敵な27歳OLのルナさんとLINEをするまでに発展!

LINEでは添付ファイルを使う程の
長文の文学論(と言う程のレベルではなかったんだけどw)を交わして、
やっとこさアポに漕ぎつけた僕だったのです。
今回は、その先の直Hまでを記しますので期待してね!

前編はこちら!
⇒ マッチングアプリの女性を文系男子で誘ってみた!【体験談前編】

マッチングアプリで出会ったOLはメールも話も長かった!

彼女・ルナさん(仮名・27歳・独身OL、結婚歴ナシ)は、
会社勤めなのでアポは土曜日に。

僕は、いつもの「休日出勤」という事で
ルナさんの部屋の近くの
大宮駅前(さいたま市)で待ち合わせました。

テレビでも度々紹介されている
24時間営業の名物喫茶店に行く事で、
話しはまとまったのです。

最初程長文ではないですが、
アポの前日までは添付ファイルは届いており、
だいたい彼女の好む映画や本の傾向が見えてきました。

要は僕が観てきたハリウッド映画や、
その昔の名作に興味はあるんだけども、
「どこから観ていいのか、分からない状態なの」
(本人が後に語る)との事でした。

特に新作の公開が近い『スターウォーズ』には、
興味シンシンな様子でした。

ほかにも興味があるんだろうけど、
とりあえず僕に話しを合わせるには、
その辺がいいだろうと判断したのでしょう。

実際に見るルナさんは、
「マッチングアプリ」の時点から書いていた通りに、
やや痩せていて体型にオンナっぽい艶やかさとか、
雰囲気とは“一切無縁な感じ”です。

それでも、「最近は余計な肉が付いてきた」とは言っていましたが、
そうかといって熟してきたのとも違うようです。
良くいうとボーイッシュ、
普通にいうとビアンのタチといった所でしょうか(笑)。

お顔の方は、最近復活した、女芸人のアジアン隅田みたいです。

だからといって、僕はガッカリしませんよ。
容姿に関して僕も、あれこれ言える立場ではありません(笑笑)。

このブログでは、
可愛い子や綺麗な子とHした体験談をいくつもまとめていますが、
毎回毎回そんなに美女とは出会えないです!
(もちろん、会えることもありますよ!その時はラッキーw)

それに、「マッチングアプリ」での出会いって、
まずはアポ取って、そこに来てもらわないと始まりませんからね。

ルナさんは、名物だという苺パフェを食べながら、
『スターウォーズ』について根掘り葉掘り聞いてきました。

この頃は『エピソード8/ラスト・ジェダイ』の公開直前で、
盛り上がりの波がマスコミからビンビンされてたのがよかったです。
私は同シリーズの時系列やネタバレしない程度の内容を話してあげました。
それこそ、『Rouge1』を含めて、正伝全作を観ているのですから。

ルナ
これで、単なるSF作品じゃなくて
大河ドラマとか人間模様の要素もある
総合エンターテイメントってメールで書いていた理由が
ようやく分かったような気がします。
タクヤ
だからって、
“お堅い”って感じがしない所がいいよね!

ここまでで、約4時間が経過していました。
僕らは、当初の懸案事項を取り敢えず話し終えたので、
少々グッタリ&まったりモードに入りつつありました。

マッチングアプリでは“初回はダメだけど、2度目ならOK!”これが掟なのか!?

そこで僕は突然、勝負に出ました。
別に「お茶飲みサークル仲間」を
作ろうとしていたわけではないからです…。

タクヤ
これからでも、次でもいいんだけど、
部屋に篭って『エピソード4~7』を見倒すのもイイんじゃない?

と、提案してみました。

「Hはシてもシなくても、どっちでもいいからさ」と、
重ねて言ってみたんですよ。

その「Hはシても~」という言葉に、
彼女はハッとした様子で、急にうつ向いた上に小声で、

ルナ
ゴメンナサイ。マッチングアプリで、
初めて会った人とはセックスできないです。
そういう心の準備をしていないから…でも、
2回目ならイイですよ。
ちゃんと誘ってくれたから。

僕はてっきり、「ごめんなさい」ときたから、
NGかと思ったんですよ。それが、次ならOKとは!

多分、ルナさんは“初回のデートではダメ”と、
自分の決まりを持っているのでしょう。

タクヤ
良かったぁ、ダメなのかと思ったよ。
ルナ
私でよければ。でも脱いでも、
たいした事は全くないので期待しちゃダメですよ!

と、やっと元の笑顔が戻ってきたようです。
「これも“フォース”のおかげかな」と思いましたよ。

マッチングアプリで出会った女性とラブホの12時間コースで上映会!

彼女のヤる気は本物らしくて、
翌週の土曜でも日程はOKでした。

大宮駅前近くのコンビニで飲料や軽食、
肴にアルコール類を買い込んで勇んでラブホへインです。
この日は12時間コース(!)です。

用意したのは当然、
『スターウォーズ』の4、5、6、7です。

まずはキスをして風呂にゆっくり浸かったあとは、
乾杯して上映会の始まりです。
ピッタリと寄り添ってラブホのTVで鑑賞です。

しかし、どうせなら、
もう少し大迫力のテレビの方が良かったな…。
まぁ、女性と一緒に観ることに意味がありますからね!

僕らは『エピソード4』を見終えて、
まず1は回目のHをスタートさせました。
彼女はHは6年ぶりらしく、

ルナ
痛いかもしれないから、
いっぱい濡らしてから入れてください。お願いっ!

と言いながらも、割れ目からジュースを滴らせています。

その敏感な部分をペロペロと舐めまわすと、
「忘れてたぁ、この感覚。いいっ、気持ちイイッ」と喘ぎながら、
起立した僕のチ○コをまさぐって、
「これぇ~、ココに~」と喘ぎ、自分から導いてきました。

彼女の“内部”は熱く、とろけそうでした。
そのまま、腰をグラインドさせると「イくみたいですっ、」と言うと、
あとは声が出るのを必死にこらえているようでした。

「あっっ」、ルナさんは6年ぶりに、
「男のモノ」でイったのでした(いつもは、自分の指らしいです)。
ルナさんとは、そのまま『エピソード5・6』をイッキ見しながら、
水分と食料を適度に摂りました。

浴衣である事を除くと、
普通の映画デートみたいで新鮮味がありましたね。
そこまで見終わるとすぐに、
ルナさんは僕をベッドに引っ張って行って、

ルナ
続きをお願いします。ブスだから、
誰も相手にしてくれないんですよ。
久々のチンチンにワタシのマンマンも
喜んでいるみたいですよ(笑)

僕は内心、こんなH好きなんて、
「マッチングアプリ」ではカキコして無かったゾ!
と嬉しい誤算に感謝しました。あははは。

そこまでで、もう僕はギブアップで、
「少し寝かせて」と仮眠モードです。映画も『6』まででした。

ルナ
『7』は自分で観ておきますね。
ワタシも寝ます…。

薄れる意識で、
そんな事を聞いたような覚えがありました。

今回使用した金額とマッチングアプリはこちら!

マッチングアプリで彼女に会うまでに
使用した金額は約1,500円。
食事代は約2,000円。
ホテル代はサービスタイムで約4,000円。
合計7,500円です。

それにしても今回は、ここまでたどり着くまで長かったです。
その日の別れ際には、
「これからは、G.Wとか夏休みには映画を観に行きましょうね」
と指切りさせられました。

もちろん、映画館ではなくラブホの
ロング・コースなのは言うまでもありません。

今の気分としては、「文系男子」もいいけど、
しばらくは“即アポ・即マン”狙いだな、と思った僕でした。
恒例行事になりそうな予感が…。

今回使用したマッチングアプリは『PCMAX』!

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

セフレ探しや割り切りが目的であれば、
『PCMAX』を使っておけばまず間違いありません。

今回は文系男子で攻めてみましたが、
普通の使い方をすればもっと簡単に女性と会えます 笑

女性とのHを楽しみたい場合は、
という方はぜひ登録してみてくださいね^ ^

⇒ PCMAXの女の子を無料で見てみる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする